スタッフインタビュー

通所部門 統括課長 理学療法士 塚田 秀行

通所部門 統括課長 理学療法士

塚田 秀行 (つかだ ひでゆき)

全てのお客様に「来てよかった」と感じてもらいたい

Q1. 現在の担当業務は?

通所部門の統括課長として部門全体の管理業務と、理学療法士として通所リハビリのお客様を担当させて頂いています。

Q2. みゆき会への入職のきかっけは何ですか?

私は前職でも5年間、理学療法士としてリハビリの仕事をしていました。
もともと私の妻が看護師としてこちらで働いていたので、施設としてリハビリに力を入れていきたいという方針を耳にしていました。
自分でも環境を変えて新しいチャレンジをしてみたい、って思っていたので施設を見学させて頂くことになったんです。
その時に理事を始めスタッフの方のお話や地域貢献を重視する運営方針に共感して、「この職場で働きたい」って意識するようになりましたね。

Q3. 業務中どんなことを心がけていますか?

とにかくお客様に「来てよかった」って感じてもらえるためにどうすればいいか、ということを考えて業務にあたります。
入所のお客様ではなく不定期で通所して頂いているお客様を担当しているので、1回の通所でも「来てよかった」「楽になった」と感じて頂けるように意識しています。
リハビリは継続することが一番大切なんですが、辛いことや乗り越えて行かなければいけない場面も多いので、一回一回の満足感を高めて上げることで、次の来所に繋がれば良いなって思っています。

Q4. いままでのお仕事の中で嬉しかったことは?

「あなたに担当してもらって良かった。」って言ってもらえると本当に嬉しいです。
言葉じゃなくても、リハビリが終わった時点でお客様がどういう表情をされているか、というのは常にチェックしています。
満足そうな表情をされていれば嬉しいですし、満足されていないような表情であれば、何が原因だったのかな、次の機会にはどういうリハビリメニューにすれば良いかな、って。
そういう自問自答を繰り返していくうちに、自然とお客様の表情も変わってくるんですよね。
それがやりがいに繋がりますし、次はこうしようっていうモチベーションにも繋がっています。

Q5. 職場の雰囲気や制度面はいかがですか?

入職前に歓迎会を開いて頂いたんですが、部署ごとの歓迎会かと思ったら、全体の歓迎会だったんですよ。
もう大所帯で入職を歓迎して頂いて感無量というか、それだけスタッフを大切にする気風が定着している職場です。
仕事面では、各部署の主任が自発的に集まって定期的に全体会議を開くようになりました。
部署によって抱えている課題や担当者の悩みも様々なんですが、狭い範囲で考えているとどうしても意見も停滞してしまう。
そういう状況をなんとか打開して、施設全体の課題として共有して改善策を考えていけないか、と考えて現在は月に1回開催しています。

Q6. これから応募する方にひとこと。

介護サービスは知識や技術よりも、やる気が一番大切な仕事です。
お客様の気持ちになって考えたり、地域貢献を考えるって受け身になってしまうと難しい部分もありますが、
そういった部分も含めて「より良い施設を創ろう」って考えて積極的に行動できる、という意味での「やる気」が大切です。
みゆき会は現場の意見を大切にする職場なので、施設をよくするための提案やお客様のためになる意見は大歓迎の風通しの良い職場ですよ。
一緒に理想の介護サービスと飯山の未来を創っていける仲間をお待ちしています。

説明会・施設見学会のご案内

医療法人みゆき会では、毎月第二・第四木曜日と日曜日に、「UIターン就職・転職説明会」を実施しています。
運営施設の見学や、お仕事に関する説明会、入職に関するご相談やご質問など、就職や転職をご検討中の方の疑問や不安に何でもお答えします。

スタッフインタビュー

職場紹介

募集職種一覧

採用エントリー