介護福祉の仕事に初めて興味を持ったのは、中学生の時でした。職場体験授業でデイサービスに行き、利用者の皆さんと一緒にレクリエーションをしたり介護スタッフの方のお手伝いをしているうちに、「やりがいのある仕事だな。将来はこんな職場で働きたい」と思うようになりました。
 現在、介護の現場では女性スタッフが大多数を占めていますが、男性にも活躍の場が広がっています。実際、利用者さんをベッドから車椅子まで移動する時などは、体力のある男性のほうが安定して支えてあげられるので、男性に向いた仕事だと思うことも多々あります。まだ勤めて1年も経たないのですが、最近は利用者さんに名前で呼ばれることも多くなりました。ちょっとした瞬間の笑顔を見た時や家族の方から感謝の言葉をいただくのもうれしく、それが仕事の励みにもなっています。
 学校の実習でグループホームや老健施設などに行く時は、その施設の特徴や雰囲気を肌で感じることも大切です。僕は就活も意識して、さまざまな施設で実習を重ねました。今の職場は笑い声が絶えず、尊敬する先輩もたくさんいます。先輩から吸収できるスキルは真剣に学び、成長していけたらと思っています。

Profile
医療法人みゆき会
介護福祉業
布施谷隼人さん
デイケア部
入社1年目
介護福祉科卒